掛け布団のサイズ

JISに定められている掛け布団のサイズ

日本の産業製品に関する規格や測定法などを定める「JIS」では、掛け布団サイズを以下の10項目に定めています。

一般用
135×195cm
M1150×195cm
M2160×195cm
L1150×210cm
L2160×210cm
SW170×210cm
180×210cm
子供用
B188×120cm
B2135×160cm
夏掛用
Su120×160cm

JIS規格の掛け布団サイズを見ると、L1とSWが皆様がよく見るサイズですが、それ以外のサイズは見慣れないと思います。

L1とSWのサイズ以外は、多くの布団屋が綿の掛け布団を手作りしていた頃のサイズです。

今では、布団屋が少なくなったのはもちろん、布団職人の減少や、既製品の掛け布団の増加により、L1とSWのサイズ以外は見かけないサイズです。

掛け布団サイズは各サイズとも、既製品の羽毛掛け布団サイズしか存在しないかのような記載も見受けられますが、掛け布団のサイズには、丈の短いサイズ(200cm丈)と丈の長いサイズ(210cm丈)がございます。

布団屋での掛け布団サイズ

現代版の布団屋の掛け布団サイズは以下のようになります。

丈の短い掛け布団サイズ
S(シングル)150×200cm
SD(セミダブル)170×200cm、175×200cm
※業者によって巾が異なる
D(ダブル)190×200cm
Q(クイーン)200×200cm
K(キング)230×200cm
丈の長い掛け布団サイズ
SL(シングルロング)150×210cm
SDL(セミダブルロング)170×210cm、175×210cm
※業者によって巾が異なる
DL(ダブルロング)190×210cm
QL(クイーンロング)200×210cm
KL(キングロング)230×210cm
その他の掛け布団サイズ
ジュニアサイズ130×180cm、135×185cm
※業者によってサイズが異なる

ベビー掛け布団のサイズは、既製品でも各業者によって大きくサイズが異なりますので、掛け布団カバーを購入するときに注意が必要です。

当店のベビー掛け布団サイズは、110×135cmです。

ベビーベット用掛け布団・合い掛け布団・お昼寝掛け布団用に、80×120cmのサイズもご用意しております。

掛け布団サイズには、様々なサイズが存在することがお分かりになったと思います。

ご自分の掛け布団がどのサイズなのか、使い心地が良い掛け布団サイズはどれなのか、参考にしてください。

当店の綿の掛け布団

当店では、綿の布団は布団職人が一枚一枚手作りでお仕立てしておりますので、お客様のご要望により大きなサイズや小さなサイズの掛け布団をオーダーメイドでお仕立てしております。

また、既製品の羽毛掛け布団も、信頼のおける羽毛布団業者に発注しておりますので、生地の質・羽毛の質などお選びいただきサイズをオーダーメイドできます。

小さいサイズの掛け布団、丈の長い掛け布団にご興味のある方は、お気軽にお電話ください。

布団のコラム


トップへ