婚礼座布団を直径50㎝丸座布団にリメイク

兵庫県のお得意様から、「婚礼で持ってきた座布団が、押し入れを占拠し、処分をしたいのですが、捨てるのはもったいないので、何か良い方法はないですか。」と、ご相談をちょうだいしました。

クッションとしても使える丸座布団をご提案

座布団の中綿を拝見したところ、上質な綿100%わたでした。

綿の風合いを左右する綿の油である「綿油」も十分にありました。

「綿油」が多く残っている綿は、打ち直しをしてもふかふかに戻る価値のある綿ですので、打ち直しをおすすめしました。

お客様の日常は、椅子に座わる生活で、たまに娘さんやお孫さんが遊びに来たりするそうです。

椅子に座った時の背もたれのクッションとして使え、お孫さんが来られた時にも座布団として使える、木のぬくもりを感じられる洋風のお宅に合う、丸座布団をご提案させていただきました。

生地のお持ち込みで直径50㎝丸座布団と丸座布団カバーをお仕立て

座布団の生地はとても綺麗で、耐久性も十分でしたので、そのまま使うことにしました。

また、購入して押し入れに眠ったままの使っていない生地を、お持ち込みいただきました。

たくさん生地がありましたので、直径50㎝丸座布団3枚と、汚れ防止のための丸座布団カバー3枚をお仕立てしました。

座布団も生地も使っていないものが、使えるものになり、とても喜んでいただきました。

丸座布団を背あてクッションとして使って腰が楽に

後日、お客様のお宅にお邪魔した際、椅子の上には丸座布団が置いてありました。

お客様は、腰の調子が悪いそうで、長く座るのが苦痛だったそうですが、丸座布団を背あてクッションとして使うようになってから、座るのが楽になったと喜んでいただきました。

私も丸座布団の置いている椅子に案内していただき、座ってもたれると、嫌みのない弾力で体がなじむのでとても気持ちがよかったです。

やっぱり綿100%わたは最高だと改めて感じました。

押し入れに眠っている婚礼座布団を打ち直ししませんか

親御さんが持たせてくれた座布団ですが、冠婚葬祭も家でしない時代。座布団を使う機会が減りました。

また、「終活」という言葉もでき、ご子息に迷惑を掛けないために、元気なうちに使わないものは処分する方も多くなりました。

しかし、すべてを捨てるのは難しいです。もったいないです。

使わないものを、使うものにリメイクして、とことん使ってから捨てるのもよい処分方法です。

座布団にかかわらず、婚礼布団でも、何か使えるものに変えるお手伝いをいたしますので、お気軽にお電話ください。


トップへ