銘仙判座布団の生地取り替え

兵庫県のお客様から、「法事が近々あり、座布団が足りないので、夏用の座布団の生地を替えて、通年使える座布団に仕立て直しをしてほしい。」とご連絡をいただきました。

お持ち込みの夏座布団は、銘仙判サイズ(約55×59㎝)で、かなり年月が経ち、綿はぺたんこでカチカチでした。

綿は打ち直しは出来ないぐらい劣化しておりました。

今回の法事以降、使うかどうかわからないとのことでしたので、綿の打ち直しはせず、生地だけ取り替えるお仕立てをご提案させてただきました。

時間も費用も抑えることができ、とても喜んでいただきました。

打ち直しができない綿とは

この度のお客様の綿が、どうして打ち直しができないのかと言いますと、綿には綿油(めんゆ)という油がありますが、長く使った綿は、綿油が減り、綿がパサパサになます。

その綿を打ち直しの機械に通すと、切れ切れになり、シート状の綿ならず、打ち直すことができません。

綿油というのは、綿をフワフワにする、なくてはならないものなのです。

生地の取替で新品のようになる銘仙判座布団

新たに取り替える生地は、当店でも一番人気の三昧(ざんまい)をお選びいただきました。

夏用の生地を取り外し、綿はそのままの状態で、銘仙判のサイズに仕上げた新しい生地に入れ、職人が手作業で綴じます。

出来上がった銘仙判座布団は新品のような仕上がりになります。

刺し子は思いのこもった模様

一番人気の生地「三昧」は色々な刺し子模様があしらわれており、落ち着いた色柄です。

刺し子模様は、家内安全や無病息災、人間関係の繁栄など、 いろいろな意味合いのある、思いの込められた模様なので、家族がお使いになる座布団でも、お客様が使う座布団でもピッタリです。

結婚や新築のお祝いに、三昧の座布団をプレゼントするのもおすすめです。

オーダーメイド座布団は人気です

近年は、既製品では満足できず、自分に合った座布団をお求めになるお客様が増え、オーダーメイドで座布団をお仕立てするのが人気です。

座布団生地の取り替えの他に、サイズ変更や、丸座布団、生地のお持ち込みなど、いろいろなお客様に喜んでいただいております。

ご希望に沿って、オーダーメイドで座布団をお仕立てしておりますので、 ちょっとしたご相談でも、お気軽にお電話ください。


トップへ