ちょっと小ぶりな座布団

兵庫県のお客様から、「お友達の新築祝いに座布団を作ってほしい」とご依頼をいただきました。

そのお友達は、日頃から来客が多く、座布団をたくさん用意したいのですが、普通の座布団のサイズでは敷くスペースに余裕がないのを気にされており、少し小ぶりな座布団をご希望されたようです。

少し小ぶりな座布団となりますと、木綿判(50×53㎝当店サイズ)が適度なサイズとなり、 こちらをお選びになりました。

生地は、通常の1枚生地でのお仕立てではなく、アクセントに無地の藍色を差し色として付けて、バランスの良いおしゃれな座布団に仕上げました。

<座布団には色々なサイズがある>

座布団には、大きな「夫婦判(68×72㎝)」や小さな「茶席座布団(43×47㎝)」と さまざまな規定サイズにがございます。(店によってサイズは若干変わる場合がございます。)

お客様をおもてなしする座布団は通常、「八端判(59×63㎝)」を、家族が日頃使ったり、 気兼ねなく接することができるお客様などに使う座布団は「銘仙判(55×59㎝)」となります。

茶席座布団は、名前の通りお茶席で使う座布団となり、座ると座布団が足にかくれるぐらいの小さな座布団となります。

大きな座布団は、お祝いや法要などで使うサイズとなります。

<住宅事情で座布団も変化>

近年は、住宅事情に考量し、使用目的別の規定座布団サイズよりも小さめの座布団を好まれる方が多くなりました。

特に祝寿座布団や法要座布団を、日頃から使いやすい小さいサイズをご希望されます。

中綿の量も、通常の量よりも少し薄めの方がいいというご要望も増えました。

当店は、布団職人がお仕立てしますので、 お客様のご要望にそって1枚からでもオーダーメイドで座布団をお仕立ていたします。

ご希望がございましたお気軽にお電話下さい。


トップへ