生地を取り換えて新品のようになった『法要座布団』

兵庫県のお客様から、「法要があるので、座布団を押し入れから出して見たら、生地が破れていたので、仕立て直しをお願いしたいのですが」とお電話をいただきました。

当店なら急なご要望にも即対応いたします

法要座布団は、使用機会が少ないので、いざ使うときになって「生地がやぶれている」「色がはげている」「房が取れている」などのお問い合わせが多いです。

また、法要座布団は準備するものの中でも見落とされがちですので、使用するギリギリの日にお問い合わせをいただくこともございます。

当店の法要座布団は、布団職人が店で一つ一つ手作りをしておりますので、急なご要望にも即座にお応えすることができます。

この度のお客様は、中綿が綿100%でしたので、わたの打ち直しはせずに、消耗した座布団生地を取り外し、中綿はそのまま、新しい生地に入れ直し、とじ糸でとじるだけの仕立て直しをご提案いたしました。

座りやすい座布団はお坊さんに喜ばれる

座布団の座りやすさは、中綿の質と適度な硬さで決まります。

多くの店では、中ワタがポリエステル綿の法要座布団が販売されておりますが、体に馴染みにくいので、落ち着いて座ることができず、足がしびれやすいので、お坊さんが座布団に座ってくれないこともあるようです。

綿100%わたの座布団は、体馴染みが良く、蒸れにくく、長時間安定して座ることができます。

また、新品のフカフカの綿よりも、使い込んでペタンコになった綿のほうが、適度に硬くなり座りやすい座布団になります。

当店で新品の法要座布団を購入していただいたときには、お客様に「法要座布団をお出しするときは、前もって重石をし、ペタンコにしてお出しください」と、アドバイスをします。

当店の法要座布団を購入いただいたお客様からは、「お坊さんが座りやすい座布団ですねと言ってくれた」と、お喜びの声を頂いております。

法要座布団は、法事のときにだけ使うのではなく、ご家族の毎日の供養にもお使いください。

座布団1枚で、ご先祖様の供養がより良い物になりますので、法事の機会に法要座布団を見直してみてください。

当店の法要座布団はさまざまな生地をご用意しております。こちらのページをご覧ください。
https://www.tsutaya-net.com/za_futon3_houyou.html


トップへ