着物の帯で50×150㎝ソファー用長座布団

兵庫県のお客様から、着物の帯で50×150㎝のソファーで使う長座布団のご注文をいただきました。

以前、お客様が来店された際、他のお客様から注文いただいた着物で仕立てた座布団を見て、興味を持ったそうです。

着物の帯を縫い合わせ

お持ち込みただいたのは、着物の帯1枚です。

大切な思い出の着物の帯ですが、使う機会もなく、タンスの中にしまわれていたそうです。

帯の幅だけでは足りませんので、柄が有る部分と無い部分を縫い合わせ、50×150㎝に仕上げました。

薄手の生地でしたので、綴(と)じの圧で裂けるのを防止すために、裏面には綿100%ブロード生地を合わせ、2重にしました。

反対側の生地は、帯だけでは足りませんでしたので、綿100%ブロード/レンガ色の生地を合わせました。写真はありませんが、帯の柄を引き立てる落ち着いた色合いにしました。

余った打ち直しの綿を利用

前回、通常の敷布団(シングルサイズ)約6キロから、ベッド用の薄い敷布団(シングルサイズ)約4キロを仕立て直しの際に余った、綿100%ワタを使用し、ソファー用の50×150㎝の長座布団を仕立てました。

綿100%ワタですので、蒸れにくく、体になじみ、座りやすい座布団になります。

クッション性のあるソファーに敷くための座布団ですので、薄めの仕上がりにしました。

「使わない」「もったいない」からの脱却

着物を持っていても使う機会が少なく、タンスにしまいっぱなしで、もったいないと思いつつどうすればいいのか分からず、そのまま時が過ぎてく。

このような状況から、脱却したいとお考えの方は一度当店にご相談ください。

着物や帯によって、素材や生地の厚みなどが異なり、どのような商品に仕立てに可能かご提案いたします。

長座布団のオーダーメイドはこちらをご覧ください >>> 長座布団


トップへ