40年前の婚礼布団をシングル敷布団と45㎝角座布団にリメイク

兵庫県のお客様から、「40年くらい前の使っていない婚礼布団を敷布団に仕立て直ししてもらえませんか。」と、ご依頼いただきました。

お客様のご自宅に訪問すると、使われていない婚礼布団3枚と、合い掛け布団1枚がありました。

ご注文内容は、シングルの敷布団2枚と、余った綿で椅子用の45×45㎝の座布団です。

中綿を確認して、打ち直しを判断

綿の打ち直しは、すべてできるわけではありません。

ポリエステルが混ざった綿は、蒸れやすいため、夏は暑く冬は寒くなります。寝心地が悪くなるため当店では打ち直しをおすすめしておりません。

また、綿100%わたであっても、油分の少ないパサパサの綿や、繊維が細く短い綿は打ち直しができません。

ご依頼を受ける前に、中の綿を確認し、打ち直しする値打ちのある綿かどうか確認をいたします。

生地から綿を取り出し、打ち直しへ

この度のお客様の布団は、状態がとてもよい上質な綿100%のわたでしたので、すべての布団の綿を活用することになりました。

生地の状態も良かったので、生地は新しい布団に使うため、綿を取り出す際には、傷つけないように慎重に取り外していきます。

生地から綿を取り外し、綿は打ち直しへ出し、シート状の綿へと姿を変えます。

生地も敷布団と座布団にリメイク

生地も状態が良かったので、シングル敷布団と45×45㎝座布団にリメイクしました。

長年押し入れに入れていると、多少の汚れがあるため、なるべく汚れた部分を避けるため、写真のような裁断・縫製いたしました。

その他の生地も、汚れを確認し、45×45㎝椅子用座布団に裁断・縫製いたしました。

打ち直した綿を生地に入れ、新品の布団になります

打ち直した綿を、布団職人が丁寧に縫製した生地に入れていきます。

つたやは、綴じも機械を使いません。すべて手で綴じます。

手で綴じるほうが、ふんわりと仕上がり、生地も傷みにくいので、こだわってお仕立てしております。

座布団は、仕立てがとても難しく、職人の腕が試されます。

椅子用の座布団ですが、薄くなってもいいように、ある程度厚めに仕上げました。

残りの綿で、45×45㎝の椅子用座布団が9枚できました。

お客様がご自分でカバーを作って、お使いになるそうです。

喜びの声は力になります

「近くに仕立てをしてくれる布団屋さんがあってよかった。また結婚して嫁いだみたい。うれしい。」とご夫婦そろって喜んでいただきました。

喜びの声はとても力になり、職人の存在意義をあらためて実感いたします。

布団職人のいる布団屋が減少し、近くに布団屋がない地域もあります。遠方のお客様もお気軽に布団の仕立て直し、リメイクのご相談ください。


トップへ