捨てられない布団を190×190㎝ラグマットにリメイク

兵庫県のお客様から、「捨てられない布団があるのですが、何かに仕立て直し出来ませんか?」とご夫婦でご来店いただきました。

親御さんが仕立ててくれた掛布団で、捨てるのは忍びなく、使わないのも申し訳ないので、座布団か何かに仕立直しを考えたそうです。

親御さんから息子さんへ、思いの詰まったシングルサイズの掛布団です。

お客様の思いを大切にご提案します

中の綿を拝見すると、ポリエステル綿でした。

当店はお客様の使い心地を一番に考えておりますので、通常、ポリエステル綿は静電気を引き起こし、蒸れ、使い心地が悪いため、仕立てをお断りしております。

しかし、この度は思いの詰まった大切な布団ですので、仕立てをお引き受けしました。

お客様は、座布団に仕立て直しを考えていらっしゃいましたが、よくお聞きすると、普段座布団は使わないとの事でした。

使わない座布団にお仕立てしても、また思いが無駄になってしまいます。

お休みの日は居間でゴロンと横になる時間が多い事と、冬はこたつをお使いになるとお聞きしましたので 当店は、お客様に1年中使えるラグマットへのリメイクをご提案いたしました。

春夏秋はラグとして、冬はこたつ敷布団として使えるので、ご提案を大変喜んでいただきました。

80×80㎝テーブルに合うラグマット

生地から綿を取り出し、綿は打ち直しの機械に通し、シート状の綿に戻します。

シート状になった綿は、布団職人がラグマット状に縫い合わせた新しい生地に、1枚1枚重ねて入れて行きます。

生地は、洋風の和室にも合う、小さな柄の生地で、グリーン色の生地をお選びになりました。

正方形の80×80㎝テーブルに合わせて、あまり大きすぎず、小さすぎない、ちょうどよい190×190㎝サイズにしました。

角を丸くして、かわいい仕上がりになりました 。

出来上がったのを見て、「素敵なのができたね。よかったね。」とご夫婦そろって喜んでいただきました。

思いを大切にされるご夫婦のお手伝いができ、とても幸せでした。

思い出のある使わない布団を、使える布団にリメイクしませんか

この度のお客様のように、大切な方からの贈り物の布団を、押し入れに入れっぱなしにしていませんか。

大切にするということは、押し入れに入れっぱなしにすることではなく、使うことです。

  • 重たい掛け布団は、春夏秋に使える薄い合い掛け布団に。
  • 敷布団をベット用の薄い敷布団に。
  • 婚礼用座布団は、洋風の部屋に合う丸座布団に

お客様のご要望に合わせて、布団職人が丁寧にお仕立ていたします。

疑問、質問がございましたらお気軽にお電話ください。


トップへ