既製のシングルウールケットを140×180㎝に寸法直し

兵庫県のお客様が、当店の布団を気に入っていただき、布団一式のご注文をいただきました。

ご購入前に、ウールケットのサイズが、シングルサイズ(150×205㎝)では少し大きいのではないかと、相談をお受けしました。

お客様は小柄な体型で、普段から掛け布団がたくさん余り、大きいと感じていらっしゃいました。

シングルサイズ掛け布団は小柄なご年配の方やお子様には大きい

小柄なご年配のお客様や、保育園から小学生低学年のお子様は、シングルサイズの掛け布団が大きいと悩んでお問い合わせをいただくことが多いです。

小柄なご年配のお客様は、掛け布団の丈も幅も余った部分があることにより、寝返りしにくいことを不快に感じていらっしゃいます。

お子様の場合、柵のあるベットをお使いの方が、シングルの掛け布団では収まらないことや、一人で寝るには大きすぎることを親御様が不快に感じていらっしゃいます。

そのようなお客様に、幅は130~140㎝、丈は180~200㎝の掛け布団サイズが人気です。

150×205㎝から140×180㎝へ寸法直しのご提案

ウールケットは、春夏は肌掛け布団として、秋冬は毛布として1年中毎日お使いいただけますので、不快なことがあれば、良い眠りができません。

お客様のご希望を叶えるため、150×205㎝のシングルサイズから、140×180㎝の一回り小さいサイズに、寸法直しをすることをご提案いたしました。

縁に縫いつけられているバイヤステープを、外していきます。

バイヤステープもウールケットの生地もニット生地のため、柔らかくて穴が開きやすいので丁寧に糸を外さないといけません。

バイヤステープを外し終えると、140×180㎝に印をつけた部分をハサミでカットします。

そして、取り外したバイヤステープを縁に縫い付けていきます。

角を丸くすること、カバーのひもを留めるループ8か所も忘れず付け、寸法直しが完了です。

希望のサイズで快適な睡眠 ができるようにお手伝いします

大きなサイズの寝具に対して悩みや疑問をみな様お持ちではないでしょうか。

希望のサイズ、上質な布団で毎日の眠りを快適にしませんか。

みな様の快適な睡眠をお手伝いいたしますので、お気軽にお電話ください。


トップへ