約240×330㎝特大こたつ掛け布団と約150×240㎝上掛け

三重県のお客様から、大きなこたつ掛け布団を作ってほしいとお電話いただきました。

お客様のこたつサイズは、3尺×10尺(約90×180㎝)の大型の堀こたつで、日常はそのサイズですが、お客様を呼ぶことが多いことから、取り外し可能な約90×90㎝の付属のテーブルがあり、最大で、約90×270㎝の大型のこたつになるそうです。

合うサイズのこたつ布団を探し、オーダーメイドでこたつ布団の注文を受けている当店にお電話をしてくださりました。

約250×380㎝ 特大サイズのこたつ掛け布団をご提案

丈の90㎝部分は、床に垂れる長さが長めのサイズをご希望になりましたので、初めに約90×270㎝の大型のこたつに合う、約250×380㎝のこたつ掛け布団のサイズをご提案させていただきました。

ただし、特大のこたつ掛け布団になるため、普段のこたつサイズでは、大きすぎて取り扱いが大変になる事と、布団が余って日常生活に支障が出るのではなかいと言う旨をお伝えしました。

約250×300㎝と約250㎝×90㎝のこたつ掛け布団2枚セットをご提案

次に、日常用の約90×180㎝ のこたつに合う、約250×300㎝のこたつ掛け布団と、付属のテーブルを使うときにだけ追加できる、約250×90㎝の小さな付属のこたつ掛け布団を2枚用意するご提案をいたしました。

使いたいときにだけ追加できるこたつ掛け布団を別に付けることにより、日常でも快適に生活ができ、お客様が来られるときも、温かく過ごすことができます。

ただし、良いことばかりではありません。

小さいですがこたつ掛け布団を2枚用意すると、お値段がかかります。

また、小さな付属のこたつ掛け布団を置いておくスペースが必要となります。

この難点をお伝えして、お客様に選択いただいました。

日常を快適に過ごせる、約240×330㎝のこたつ掛け布団に決定

お客様は、ご主人と検討した結果、普段使わないテーブルのためにサイズを合わせてこたつ掛け布団を作るのはやめて、日常用のこたつサイズでこたつ掛け布団を作ることにされました。

日常を快適に過ごせるサイズを選択され、床に垂れる長さを程よく長めにし、約240×330㎝のこたつ掛け布団のサイズにしました。

少しでもすっきり見えるように、角を丸くするお仕立てにしました。

リバーシブルこたつ掛け布団

サイズが決まり、ご希望の生地の色柄をお聞きしました。

「部屋の感じは茶色や黒でまとめた、インダストリアルな感じです。畳は掘りごたつの周りだけで茶色です。 わかりづらくて申し訳ないのですが、合うような生地サンプルをお願いします 。」とご連絡をいただきましたので、ご希望に沿った柄をピックアップし、生地画像をメールでお送りいたしました。

その中から、お部屋に合った色柄を何点か選んでいただき、表と裏で別の柄で両面お使いいただける、リバーシブルこたつ掛け布団をご提案をいたしました。

表は、落ち着きがありながらかわいいブラウン色のマブール柄で、裏は、お子様が気に入られた、ブラウンとオレンジのネイティブアメリカンの柄をお選びになりました。

気分に合わせて、どちらでも使うことができるので、大変喜んでいただきました。

特大サイズのこたつ掛け布団のカバーには「上掛け」がおすすめ

こたつ掛け布団は、飲み物や食べ物で汚れてしまいます。

そのためカバーを掛ける方も多いのですが、特大のこたつ掛け布団は、カバーの取り外しが大変です。

そのため、汚れ防止に、生地1枚で気軽に掛けたり外したりすることができる、上掛けをおすすめしております。

上掛けのサイズは、布団をなるべく汚したくない方お勧めの、布団すべて覆いかぶせるサイズと、下の布団が見え、コーディネートを楽しめる布団より小さいサイズ2種類ございます。

この度のお客様は、布団の生地の色柄をこだわってお選びになられたので、布団が見えてコーディネートできる 約150×240㎝の上掛けサイズにしまいた。

こたつ掛け布団の角を丸くしましたので、上掛けの角も丸くするご希望を受けましたが、生地1枚では角を丸くするお仕立てができません。

上掛けの角をまくるする場合、生地2枚重ねでお仕立てすることにな、重量が増え、取り扱いが不便になります。

代替案として、角を落とす、亀甲型をお勧めいたしました。

生地は、無地のブラウン色で、撥水加工をご希望されましたので、ご希望に添える生地をご用意しました。

どのようなご相談、ご要望にも寄り添います

当店では、お客様の多様なご希望に合わせて、たくさんの色柄の生地をご用意しております。

お好きな生地がありましたら、生地のお持ち込みでのお仕立ても可能です。

お悩みがあることはすべてお伝えください。

お客様のご相談内容に応じて、色々なご提案を布団職人が提案いたします。

お気軽にお電話ください。


トップへ