大型の長方形テーブルこたつ用掛け布団

兵庫県のお客様が、冬の初めにご来店されました。

「テーブルこたつ用の掛け布団を探しています。合うサイズが見つからなくて、布団屋をネットで探して『つたやさん』を見つけました。」という会話がお客様との最初の出会いでした。

お客様のテーブルこたつの天板サイズは、88×180㎝と大型の 長方形テーブルでした。

テーブルこたつの需要が増える中、さまざまなサイズのテーブルこたつが販売され、ぴったりサイズのこたつ布団が見つからないことが多くなってきているようです。

一般に販売されている、長方形のテーブルこたつ用掛け布団の大型のサイズでも、天板の丈が150㎝が最大のようです。

多くの方が、サイズの合わないこたつ布団をお使いです。

ぴったりサイズのテーブルこたつ用掛け布団を発見する手っ取り早い方法は、当店でオーダーメイドすることです。

布団職人の減少

当店がどうして、お客様一人一人のサイズや好みを聞き、オーダーメイドができるのでしょう?

それは、当店では、布団の製造を機械が行うのではなく、布団職人が一つ一つ手作りしているからです。

どうしてオーダーメイドができる店が少ないのでしょう?

それは、布団職人がいないから、もしくは、布団職人がいても機械に頼ったり、時間とコストがかかるので、細かな要望を敬遠しているからです。

一昔前は、布団屋といえば、それぞれの店に布団職人がいて、お客様の細かな要望に応え、使い心地や寝心地などお客様のことを考え、布団を手作りしていました。

多くの布団職人が高齢となって引退し、新たな布団職人のなりてが少なくなり、布団を仕立てている店が少なくなりました。

そのため、布団の注文が入ると、当店のような布団職人に外注するほどです。

布団職人が重要な時代

現在は、物が溢れている時代ではありますが、「売れない物は作らない」「コストと時間がかかる物は作らない」という効率重視の時代になったと思います。

この様な時代だからこそ、自分に合った寝具をオーダーメイドしてくれる布団職人が重要だと考えます。

オーダーメイドはお値段が高いのではと、心配されるお客様が多いのは事実です。

しかし、ぴったりの物ができる、自分だけの物ができる、使い心地が良いなど、値段以上の価値がございます。

ぴったりサイズのテーブルこたつ用掛け布団が見つからない方や、厚手の暖かいこたつ布団をお探しの方は、当店のオーダーメイドをご利用ください。


トップへ