座布団生地で布団カバー

兵庫県のお客様が、30年以上前の婚礼でご用意された夏用座布団。

押し入れに入れっぱなしで使わないので、綿は打ち直して別の物に仕立てましたが、麻100%ちぢみの座布団生地はとてもきれいで捨てるのはもったいないので、夏用の掛けカバーにリメイクされました。

使わなくなった物は捨てるのではなく、使える物に変えるというお考えは素晴らしいです。

座布団の綿を出して、ミシンで縫い合わせている糸を 生地を切らないように慎重に とり、一枚の生地にもどします。

5枚の生地をミシンで縫い合わせ、横幅の生地が足りないので裏面と同じ生地を足します。

裏生地は、麻生地のさわやかさを損なわないように、白色の綿100%ブロードを使いました。


トップへ