押入れの布団をダブルサイズ敷布団に打ち直し

兵庫県のお得意様から、「使わない布団を打ち直し、ダブルサイズに仕立て直してほしい。」とご注文をいただきました。

お話をうかがうと、遠方にお住いの息子さんご家族(4人家族)が、年末年始やお盆などで泊まりに来た時、布団の準備に困っていたそうです。

今までは、 お孫さんはまだ幼いとは言え、シングルの敷布団に二人は狭いので、 シングル敷布団を3~4枚要用意していたそうです。

しかし、140×210㎝ ダブルサイズの敷布団にすれば、2枚の用意で息子さん家族がみんな快適に眠れます。

しかも、枚数が減った分、カバーの取り付けや、天日干しが楽で、布団を敷く場所も狭くなり便利だとお考えになったそうです。

生地お持ち込みで仕立て直しをご依頼

生地は、お客様から、お持ちの生地で仕立ててほしいとご依頼をいただきました。

お持ち込みの生地は、綿100%ブロードでしたので、お受けいたしました。

このように、ご自宅で眠っている生地やカバーのお持ち込みで、布団のお仕立てができます。

ただし、お持ち込みの生地は、どのような素材でもお仕立てできるわけではございません。

伸び縮みする生地や、化学繊維の生地などは、お仕立てできません。

綿100%の平織り生地であれば、お受けしております。

生地の質がわからないお客様は、お気軽にお尋ねください。当店がお調べいたします。

古い綿を打ち直し、ふっくらダブルサイズの敷布団に

古い布団の生地は、生地を裂いて、綿を取り出します。

この度は、取り外した生地の返却をご希望されましたので、縫い目から丁寧に糸を外し、生地をなるべく傷つけないように綿を取り出しました。

古い布団の生地は、劣化しておりますので、綿を取り外す過程で、穴あきや破れることがございます。布団生地返却のお客様には、ご了承いただきますようお願いいたします。

取り外した生地の返却のご希望がなければ、縫い目など関係なく、生地を裂いて取り外し、当店で処分いたします。

布団状にカチコチに固まった古い綿は、 製綿機に入れると、フワフワのシート状になって出てきます。

その工程を、綿の打ち直しと言います。

写真は、シート状になった綿を畳んだ物です。

畳まれた綿は、布団職人が、布団状に縫われた生地の上に、 一枚一枚丁寧に開いていき、 何十にも重ねて入れ、敷布団に仕上げます。

仕上がった布団は、新品同様にふっくらとした敷布団になります。

押し入れに眠っている布団はございませんか?

押し入れに眠っている使わない布団が綿100%わたであれば、綿を打ち直すことで、寝心地が良い布団に変わります。

綿100%わたの布団は日本の風土に合った気持ちの良い布団ですので、押し入れから出し、ぜひ毎日使っていただきたいです。

当店は、お客様の眠りを大切に考えておりますので、綿100%わたのみ打ち直しをお受けしております。

ただし、場合によってはポリエステル綿の混じった綿での打ち直しもしております。

お持ちの布団が、綿100%かどうか分からないお客様には、当店がお調べいたします。

なお、綿を調べる際に、10㎝程度生地を開き、綿を少し出しますので、ご了承お願いいたします。

打ち直しはせず、そのままお持ち帰りになる場合などは、開いた生地は閉じ直します。(30分程度お待ちいただきます)

布団の打ち直しについて、ご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお電話ください。


トップへ