40年前の婚礼布団をごろ寝用敷布団2枚にリメイク

兵庫県のお客様から、「40年以上前の婚礼布団が使わずにあるので、別の布団に作り替えることはできますか?」とお問い合わせいただきました。

詳しく話をうかがうと、お客もないため使う機会がない、重たくて手入れができないとの事でした。義母が仕立ててくれた、たくさんの思い出の詰まった大切な布団だそうで、使わない事に罪悪感を持たれていました。

リメイクにおすすめしたのが、ごろ寝用敷布団です。

ごろ寝用敷布団のリメイクが人気

何にリメイクするか迷っているお客様にご提案するのが、薄い掛け布団・椅子用座布団・こたつ布団・ラグ・ごろ寝用布団などです。

その中でも、老若男女問わず人気なのがごろ寝用敷布団です。

ごろ寝用敷布団は小さな敷布団のため、リビングで横になってテレビを見たり、お昼寝をするのに使いやすく、場所も取らないので多くの方に使いやすい布団です。

お孫さんやご両親など、ご家族にプレゼントする方も多いです。

敷布団を打ち直し

お預かりした布団は、婚礼の敷布団シングルサイズ1枚です。

生地の中から綿を取り出し、綿は打ち直しに出します。

打ち直しとは、綿を製綿機に通し、シート状の綿に戻す事をいいます。シート状の綿を布団職人が丁寧に生地に入れると布団が出来上がります。

大切な思い出を残すために、婚礼布団の生地もごろ寝用敷布団に使いました。

ごろ寝用敷布団2枚と丸座布団をお仕立て

シングルサイズ敷布団1枚で、67×150㎝と80×180㎝のごろ寝用敷布団と、残り綿で直径55㎝丸座布団1枚をお仕立てしました。

ごろ寝用敷布団は厚すぎず、薄すぎず、扱いやすい程よい厚みに仕立てました。

67×150㎝のごろ寝用敷布団の生地は、敷布団の生地を再利用し、
80×180㎝のごろ寝用敷布団の生地は、綿100%のチューリップ柄のブロードを、
直径55㎝丸座布団の生地は、綿100%の厚手のGポプ生地でお仕立てしました。

ごろ寝用敷布団にはそれぞれ、カバーをお付けしました。
カバーは既製品のシングルサイズ敷布団カバーを寸法直ししたものです。

サイズも生地も自分色にオーダーメイド

当店では、お客様のご希望に合わせてごろ寝用敷布団をオーダーメイドしております。

使いやすいサイズ・扱いやすい重さ・好きな色・希望の柄など、ご要望に沿って布団職人が手作りでお仕立てしております。

この度のお客様はピンク色がご希望でしたので、ピンク系の生地やカバーを提案しお選びいただきました。

後日お客様がご来店いただいた際に、「夫と気持ちよく使っています。大好きな生地だったので、利用してもらえてよかった。義母が用意してくれた布団をまた使えて嬉しいです。」と喜びのお言葉をいただきました。

綿布団の仕立て直しはこちらをご覧ください >>> 綿布団の打ち直し・リメイク

ごろ寝用敷布団のオーダーメイドはこちらをご覧ください >>> 手作り長座布団

丸座布団のオーダーメイドはこちらをご覧ください >>> 手作り丸座布団

カバーのオーダーメイドはこちら >>> カバーのオーダーメイド


トップへ