婚礼布団をダブルの掛敷と合掛2枚に仕立て直し

兵庫県のお客様から、使わない婚礼布団を使える布団に仕立て直ししてほしいとご依頼いただきました。

ご注文内容は、お客様用のダブルサイズ掛敷のセットと、サイズの小さい140×200㎝の合い掛け布団2枚です。

打ち直しできる綿か確認

お客様から布団の打ち直しをご依頼いただきましたら、まずは中の綿を拝見し、打ち直しできるか、ポリエステル綿が混じっていないか確認いたします。

綿油の少ないパサパサの綿や、繊維の短い綿は、機械に通すことができませんので打ち直しができません。

ポリエステル綿は、湿気がこもりやすいため寝心地が悪く、夏は暑く、冬は寒い布団になりますので、打ち直しをお断りしております。

油分が十分にある綿100%わたは、打ち直しをしても寝心地の良い布団に生まれ変わります。

この度のお客様の綿は、綿100%でしたので仕立て直しをいたしました。

思い出が詰まった生地は、何かにリメイクして使いたいとのことでしたので、返却いたしました。

ダブルサイズの薄いお客様用布団

お子様家族用に、ダブルサイズのお客様用布団をご要望でした。

押し入れが小さいため、普通重量の布団ではなく、掛け布団も敷布団も薄めをご希望になられました。

掛け布団 ダブルサイズ 190×200㎝ 約3kg
敷布団  ダブルサイズ 140×200㎝ 約4kg でお仕立ていたしました。

生地は、綿100%のかわいいチューリップ柄で掛け布団はピンクを、敷布団はブルーで色をお選びになられました。

140×200㎝の薄くて軽い合い掛け布団

ダブルサイズの布団で残った打ち直しの綿は、ご夫婦用に薄くて軽い、少し小さな合い掛け布団にしました。

シングルサイズの150㎝幅も大きく感じていらっしゃいましたので、10㎝小さくし、140×200㎝のサイズにいたしました。中綿重量は約2kgです。

綿100%わたの合い掛け布団は、とても気持ちよく、春秋に重宝します。

また、夏場のクーラーが効いたお部屋でも、快適にお休みいただけます。

婚礼布団は仕立て直しで心も晴れやか

婚礼布団の仕立て直しのご依頼をいただき、仕立て直しをして引き渡しすると、すべてのお客様が、「せっかく親が作ってくれたのに、使わなかったら申し訳ない。」「布団が使ええるようになってうれしい。」というお言葉を口にされ、笑顔になられます。

親御さんが持たせてくれた婚礼布団、使いたくても重くて使えなかったり、使う機会がなかったり、長年心の中でどうしようかと悩んでいらっしゃったのが、使える布団に仕立て直しすることにより、罪悪感がなくなり、心も晴れやかになっていらっしゃいます。

そのようにお客様に喜んでいただけるお手伝いができ、とてもうれしいです。

押し入れに眠っている婚礼布団をどうしようか悩んでいらっしゃる方は、お気軽に当店にご相談ください。


トップへ