婚礼布団を70×180㎝ごろ寝用敷布団にリメイク

兵庫県の客様から、「押し入れを整理したいけど、使わない婚礼布団はどうしたらいいでしょうか?」とご相談をちょうだいいたしました。

押し入れにしまいっぱなしで使わないこと、使わないまま捨てることは、親に申し訳ないとお話しくださいました。

思い出はそのまま残し、ごろ寝敷布団にリメイク

親御さんから、娘さんへの思いがたくさん詰まった婚礼布団を、婚礼布団の思い出はそのまま残し、ごろ寝敷布団にリメイク することを、ご提案させてただきました。

ごろ寝用敷布団のサイズは70×180㎝をおすすめいたしました。

横になったとき、大きくなく小さくもないベストなサイズです。

ごろ寝用布団の生地は、婚礼の掛け・敷布団の生地を活用することにいたしました。

生地は少し劣化はしていたものの、きれいな状態でしたので、婚礼布団の思い出もそのまま残り、生地代も削減できました。

婚礼布団に使われていた中綿は、上質な綿100%の綿でしたので、打ち直しをして、ごろ寝用敷布団に使用することができました。

ごろ寝用敷布団の気持ちよさにリピート

奥様は、毎日リビングで過ごすことが多く、ちょっと横になるときに小さな敷布団があるととても気持ちがいいと、リメイクしたごろ寝布団を大変喜んでいただきました。

奥様がごろ寝布団をいつも使っていると、ご主人様も同じものがほしいとのことで、1年後、ご主人様用に少し大きい80×190㎝のごろ寝用敷布団の再注文をいただき、お仕立ていたしました。

天然素材100%ごろ寝用敷布団はおすすめ

ごろ寝用敷布団は、床に座るときや、ちょっと横になるときにとても便利でおすすめです。

フローリングの需要が多く、椅子の生活をされるご家庭も多くなりました。

ですが、日本人はやっぱり床に座ったり寝たりしたい方が多いです。

夏場、クーラーの下で横になるとき、ソファーでは背中が蒸れ暑いです。薄いラグマットの上では、体が痛くて苦痛です。

当店の天然素材100%ごろ寝用敷布団は、ほどよい厚みがあり、気持ちが良いと、たくさんのお客様からご好評いただいております。

長座布団として、片側を畳んで背あて付きの座布団としても使えますので、リビングにおいていても邪魔になりにくいのでおすすめです。

また、天然素材100%のため、蒸れにくく1年中快適な使い心地です。

今回は婚礼布団をごろ寝布団にリメイクしましたが、新しい生地と綿100%ワタで新品のオーダーメイドもいたします。
生地やサイズはお客様のご要望に沿って、お仕立ていたします。

婚礼布団のリメイクや、ごろ寝座布団をオーダーメイドしてほしい方は、ご相談はお気軽にお電話ください。


トップへ