ある日、お客様からご相談

奈良県にお住まいの以前からからネットでご注文をいただいているお客様より、綿布団について教えてもらいたいと当店まで電話がありました。

その方が使われている当店が販売した綿布団は、カバーリングで中布団がクリーム色の生地の綿布団でした。経年でワタがへたってきたころ、布団カバーを取り外したら、布団の側地の中にあるものを発見しました。

布団の中に黒い点が

お電話でのご相談内容では、綿布団の側地の中に、黒コショウのような小さな黒い斑点がうっすら透けて見えるとのこと。その黒い斑点は、虫なのか、ダニなのか、カビなのかご心配になられていました。

じっと見ていても動きはないので、虫なのかどうかわかりませんし、カビだとしても側地には影響ないのでおかしいです。

中身の黒い点があまりにも気になるので、当店までお電話をいただく前に、布団の端の側地をハサミで少し切り取り、中身の黒い斑点を取り出したとのことでした。そして、黒いゴマ粒ほどの大きさの黒いものを手に取られたのですが、結局判らずじまいで、当店にお電話をいただきました。

黒い斑点の正体は?

実は、この黒い斑点は、綿の実や葉が枯れたものの残骸です。綿ワタは、天然素材のものですので、どうしても繊維の中にそれらの粒が入ってしまいます。

これは、ゴミといえばゴミなのですが、粒が小さいので寝た感じチクチク感もなく天然素材なので体に害はありません。

もしかしたらダニやカビかも?

ダニは肉眼では見えませんし、色は黒とは限りません。大きなダニだとしたら、布団の中に入り込むことは難しいはずです。

もし黒い点がカビだとしたら、中ワタではなく側地に付きます。そして、側地に1~2mmぐらいの大きさの斑点がつくことが多いです。押し入れに入れた状態で気づかないうちに、小指の先ほどの大きさの斑点が付いていることもあります。

「もともと綿の中に虫や虫の卵が入っていた」とお考えの方もいることでしょう。でもご安心ください。綿はふっくら感を出すために熱処理をしているので、虫や虫の卵があるとしたら死滅します。そのためワタの中で虫が発生し繁殖することはありあません。

また、布団のワタの中に虫が入り込む可能性についてですが、ワタは側地で守られているため目に見える虫は侵入できません。

布団のコラム


トップへ