布団を干そう!

毎日使っている布団は、寝ている間に身体から出た汗や老廃物などを毎日吸収しています。布団は、湿気を乾燥させて、殺菌したり、ダニ対策のためにも定期的に干す必要があります。

布団には正しい干し方があります。正しく干さないと布団の寿命を縮めてしまうのです。

布団の正しい干し方

晴れた日に布団を干すとよいのですが、太陽の光が当たっている表面しか殺菌効果がありません。30分程度干せば、太陽の光での殺菌効果は有効と言われています。表を1時間、裏を1時間程度干せば、効果的です。

綿布団を干すと、湿気が発散するので、綿がふんわりとします。しかし、炎天下で長時間干すと綿の油分まで奪ってしまい、布団を傷めてしまいます。夏は午前中に約2時間、冬は日差しが弱いので昼をはさんで2~4時間程度干すのが理想的です。途中で布団を裏返し、表裏両面を日光に当てるようにしましょう。

布団を干し終えたら

布団を干した時に、布団を叩いてほこりなどを出すことがあります。みなさんもやっていませんか?

実はこれは布団の生地を傷めるので叩いてはいけません。表面のホコリが気になるときには掃除機をかけるようにしてください。

羽毛布団は普段は窓を開けて風通しを良くしておくだけで、乾燥します。月に1~2回程度、殺菌を行うという意味でも天日干しをするとよいでしょう。もちろん、綿布団同様、布団を叩くのは厳禁です。

日頃、このようなお手入れをしながら、適度に布団のクリーニングに出されるとよりよいでしょう。

布団のコラム


トップへ